失敗したくない!快適に暮らせる賃貸住宅の見極めポイント

物件の下見で見るべき室内のポイント

新しい賃貸住宅を探す際に、いくつかの候補が決まった後に下見をする方は多いですよね。下見をするだけである程度の物件の良し悪しを把握出来るので必ず行うようにしましょう。室内のチェックで見落としがちになるのが、床の傾きや軋みです。床が傾いている物件はほとんどありませんが、念のため確認しておくと良いでしょう。また、室内を隅々まで隈なく歩き回り軋みがない事も確かめます。ちょっとした軋み音でも他の部屋の方からのクレーム原因となる場合も珍しくないので注意が必要なんですよ。

飲食店・コンビニが近くにあるとダメな理由とは?

賃貸住宅の1階部分やすぐ隣に飲食店やコンビニがあると便利に感じるといった方も多いと思います。しかし、食品を取り扱っている店舗があると思わぬ害虫トラブルに遭遇する事も珍しくないんですよ。女性だけではなく、男性の方でも虫が苦手な方は多いですよね。飲食店・コンビニといった店舗だけではなく、賃貸住宅の物件周辺に植え込みや街路樹が多過ぎない等の虫が寄って来にくい環境が揃っているか下見の際に忘れずに確認しましょう。

静かに暮らすための見極めポイントって?

実際に生活を開始しないと騒音トラブルの有無は分からないといった間違ったイメージを持っている方も少なくないですよね。しかし、契約前にある程度騒音トラブルは回避する事が出来るんですよ。不動産屋の担当者の方に賃貸物件内で生活している方の大まかな年齢層や家族構成を聞きます。若い方の一人暮らしや小さい子供がいるファミリー層が多い場合には注意が必要ですよね。また、契約する賃貸住宅や周辺の駐車場・駐輪場に騒音が出るように改造されている車やバイクの有無も忘れず見ておきましょう。

賃貸物件の契約方法を正しく理解するうえで、実績の豊富な不動産会社のおすすめの物件の価格帯をチェックすることが効果的です。